小さな哲学~雑想の世界
         哲学入門のためのホームページです。
更新履歴更新履歴 TOPへTOP
 13歳からの哲学(中高生の哲学)

 22歳の哲学(大学生の哲学)
卒業論文の参考書卒業論文の参考書

 30歳からの哲学(壮年の哲学)

 哲学エッセイ

 筆者について
卒業論文の参考書

卒業論文を書く際に参考になると思う参考書を三冊だけ、あげておきます。

ぎりぎり合格への論文マニュアル
山内志朗 平凡社新書 2001年 735円

せっぱつまった四年生には魅力的な書名だろう。著者は新潟大学で教鞭をとる哲学者。実際に卒業論文を受理されなかった(つまり、突き返された)苦い経験をもつだけに、どのような論文モドキを書くと大学に長く残ることになるのか、を説得力をもって書いている。特に哲学科学生は必読。マニアックな著者のおもしろい読み物として読める。私の希望としては、第四章にある「文章の基本作法」あたりから読んで、自分の文章を確認してもらいたい。ホント、ここに書いてある基本作法ぐらい知っておいてもらわないと困るんだよね。 
論文の教室――レポートから卒論まで
戸田山和久 NHKブックス 2002年 1176円

この書は同僚がブログで紹介するまで知らなかった。うかつだった。『ぎりぎり合格への論文マニュアル』では十分に展開できていない、文章の構成方法などの説明がすぐれている。読み方としては、まず『ぎりぎり合格への論文マニュアル』でこまごまとした文章作法を覚えて、実際の論文構成についてはこの書を参考にするのがいいだろう。著者が科学哲学者であるということもあって、例題など、哲学科の学生には親しみやすい。これら2冊でもよいが、次に紹介する『レポートの組み立て方』を読めば、得るものはある。
レポートの組み立て方
木下是雄 ちくま学芸文庫 1994年 819円

「レポートの書き方についての研究書」と言ってよいくらい、レポートの書き方を徹底的に、論理的に分析してある。哲学に限らず、どの分野の学生にとっても参考になる。

卒業論文提出のスケジュール
卒業の書き方
Copyright © 2003- Yasushi Murayama
リンクはフリーですが、このホームページの文章・写真・イラストなどを無断で転載することはお断りします。
Since 03.12.01[
je-pu-pu 無料カウンタ
MAILMAIL(問い合わせ)